女子高生のメル友

相手にもメールを返しやすい時と、返しにくいときとがあります。女子高生の場合は、基本的には返信は非常にこまめに送る必要があるでしょう。女子高生にとっては、メールとはもはや生活習慣の一部ともいえます。自分のメールチェックは非常にこまめです。それゆえに、自分に対する返信の要求も非常にたかく、返信の遅い相手はまず相手にされないでしょう。しかし、女子高生のほうが行為を寄せている相手であれば、返信が多少遅くてもいいように解釈してくれる場合もあります。「お仕事中じゃしょうがないか」とか「打ち合わせ中なのかな」などといった具合です。しかし、相手が比較的どうでもいいと思われている人の場合は、もうけんもほろろです。前述したように、それだけでメールのやりとりが終了してしまう場合も覚悟しなければなりません。女子高生相手にメールをやり取りするのであれば、即返信を大原則としておくことをおすすめします。また、女子高生からのメールが来やすい時間帯というのがあります。意外かもしれませんが、午前中から夕方までというのはメールが多いことが予測されます。なぜなら、授業中が退屈だからです。授業中こそが女子高生にとっての絶好のメールタイムなのです。反面、放課後のバイト中などはお小遣いのためにしっかり仕事をしていますので、次にメールが来るようになるのは仕事後、22時以降くらいでしょうか。こういったことを覚えておけば、女子高生とのメールのやり取りに役に立つのではないでしょうか。

イメージが大切

初めのイメージはとても大事だと思います。どんな付き合いでも最初のイメージで随分決められてしまったりもするのです。出会い系サイトを利用する際に自分のプロフィルを書き込むことになります。女性は情報が漏れるのを恐れるためにわりと大まかに書き込みますが、男性は自分のアピールのために、情報漏れには注意しながら、細かく興味を持たれるように書いていきます。プロフィルはやはり女性に対する初めのイメージ作りに一役買う部分です。また、自分の求めている女性のことも書き込みましょう。そしてファーストメールこそ初めのイメージを与えるメールです。ファーストメールを書くにはまず送ろうと思う女性のプロフィルをよく読んで相手の情報を頭に入れておきましょう。そして、自分のことだけでなく、相手のことにも触れるようにしておきましょう。誰にでも出しているメールではなく、その女性に向ってメールを打っているということを伝えるようにすることです。それによって女性も自分だけに宛てたメールだという思いで読んでくれるでしょう。また、このメールがいわゆる普通の出会いの第一印象となるので、さわやかさや明るさも感じさせるようなメールにしましょう。そして、女性にとってあなたのメールが印象深いものであれば、きっと返信がくるはずです。ここで、いやらしい言葉や、すぐに会いたいなど、信頼感を失墜させるようなメールは完全に無視されますので、気を付けましょう。